リグーリアのオリーブ農家へ[campionamento]
DSC02604 オリーブの実.JPG
 某日、イタリア・リグーリア州山中にあるオリーブ農家を訪ねる。アグリツーリズモの宿の素敵なおばさんが教えてくれたこの付近で一番のオリーブオイルを作るカヴィーリアさんの家だ。
DSC02468 オリーブの山.JPG
突然の訪問にも関わらず、来年ワインになる絞りたての葡萄ジュースをふるまってくれ、オリーブオイルの製作工房(まさに工房と呼ぶに相応しい狭い部屋)を案内してくれる。カヴィーリアさんは6代目当主。工房内には年代物の手動の機械やおじいさんが使っていたというランプなどが陳列してある。
DSC02496 すりき.JPG
 案内していただいたあと、ステンレスの缶から昨年絞ったオリーブオイルを瓶に詰めてもらう。
DSC02546 瓶詰め.JPG
 今年の絞りたては、11月まで待たねばならずで、残念ながら少し届かず。もっとも、去年のものでもすごくいい香りで、見た目の濃さも違う。ここ地中海に面したイタリア・リグーリア産は、イタリアのオリーブオイルの中でも優良とされるが、採れる量は少ない。にもかかわらず、リグーリア産が市場には大量に出回っており、このほとんどは偽物らしい。イタリア以外の国で採れたものを詰めたり、混ぜたりしたものを勝手にリグーリア産(イタリア産)と称しているわけだ。
 カヴィーリアさんから譲ってもらったオリーブオイルはその日のうちに宿で食したけれど、もう香り、味とも最高!ともろ手を挙げて言いたいところだけれど、空気に触れている時間が長すぎてやや劣化していたことがいとくちをし。でも素材の味を引き立てる力はあるし、オイル自身もちゃんと調和を奏でていたから、たぶんその年の瓶詰めは逸品だとおもう。
 なんて、突然オリーブ農家の話から入りましたが、2週間欧州を旅しておりました。詳細、また折りをみて記すことに。
DSC02611 オリーブの木.JPG




DSC02490 フィレンツェ.JPG
カヴィーリアさんちにいた猫。なぜか「フィレンツェ」という名前だった…。




コメント

へ〜、なんだかギリシャの島の写真みたい。
AH
(2008-10-12 18:58)
はじめてきました!!
(2008-10-12 23:55)
いい風景ですね。

このようなところに行っていたいですね。


心が和みます。

(2008-10-14 17:41)
とっても素敵です。

ホントにきれいですね。
私もいってみたいです。
(2008-10-15 18:36)
ジュースの瓶詰め!ダイナミックですね。
作りたてのジュースはまた格別な味がするのでしょうね!!
(2008-10-27 17:58)