「AERA STYLE MAGAZINE」の最新号で西島秀俊さんにインタビュー。去年の夏に引き続き2回目のインタビュー。前回は、映画「ラストレシピ」、今回はまもなく公開の「散り椿」での取材。いずれも撮影終了から1年以上経っているわけで、そこでいろいろ尋ねられるのも大変だろうなと思う。たったいま撮っている作品が一番身近にあるわけで。西島さんは、常に凜とされていて、質問のひとつひとつに丁寧に答えてくれる方なわけだが、真摯さが言葉だけでなく、全身から滲み出ているのがわかる。同年代の俳優の中で図抜けている理由もその辺にあるのだろう。


ASM40_26_Nishijima_初校 (1)_2.jpg


西島秀俊さんの一言。
「映画もどんどん変わってきている。本当にすごいスピードで。進化はいろいろなものを捨てていくけど、それを前向きに、素晴らしいことだととらえたい。一番新しい映画が生まれる場所に、立ちあっていきたい、と思ってます」
(「AERA STYLE MAGAZINE」2018.9.25 写真/高木将也氏)
2018-09-20 13:16 この記事だけ表示
本日発売の「Number」で三浦知良×吉田麻也「最先端のサッカーを見て、世界との差を埋める」。DAZNがチャンピオンズリーグの中継を開始するにあたってのインタビュー。

DAZN(三浦選手×吉田選手:初校) (3)_1.jpg


吉田麻也さんの一言。
「日本に帰ってきて多くの方にすごく感動した、ありがとうという言葉をかけてもらいますけど、僕らはそれを勘違いしちゃいけない。自分たちがなぜ負けたのか、何が足りなかったのか、しっかり真摯に受け止めなければいけない。僕自身、チームを軌道修正することができなかったことへの悔しい気持ちが本当に強いです」
(「Number」2018.9.27 961号 写真/榎本麻美氏)
2018-09-13 14:09 この記事だけ表示