DSC_0729.JPG
フランクフルト郊外のスタジオ


 「AERA STYLE MAGAZINE」(9月23日発売)の取材撮影のため、ドイツ・フランクフルトへ2泊4日の弾丸ツアー。滞在45時間。中心部から少し離れた貸しスタジオでは、ベルリンから2名、東京から5名のスタッフが参加しての撮影となった。撮影後のインタビュー対応は誠実この上なく、ひとつひとつの質問に対して、正直に、まっすぐに答えていただいた。素敵なアスリートの清々しさと熱さと深さがきちんと伝わる記事にせねば。


DSC_0732.JPG
スタジオ内(さて誰でしょう?)



DSC_0470.JPG
撮影終了後、スタッフと街中の典型的な地元の料理屋へ
2017-08-15 18:05 この記事だけ表示
NHKの「ひよっこ」に出演している峯田和伸さんにインタビュー。昨年BSプレミアムで放送された「奇跡の人」全8話での演技が素晴らしく、あれこれうかがう。俳優が真似できぬ「素の狂気」がなんといっても魅力的で、この人を使いたいと思う監督は少なくないんだろうな、と思う。

                  DSC_0721.JPG

峯田さんの一言。
「セオリーやメソッドがない分、上手くやろう、じゃなくて、覚えたセリフを嘘なく自分が言っているように投げかける。それだけを心がけていました」
(「週刊現代」2017.8.19/26合併号 写真/山田健司氏)
2017-08-07 17:38 この記事だけ表示
 台風3号の間隙をぬって福岡県糸島市へ。3日間かけて食の要所をまわる。塩、醤油、酒、大豆、魚、肉、米、小麦とすべてのものがそろう素晴らしきテロワール。詳細は8月に。


DSC_0688-2.jpg
またいちの塩

DSC_0674-2.jpg     DSC_0665-2.jpg
ミツル醤油醸造元

DSC_0634.JPG
白糸酒造

DSC_0706-2.jpg
プティール倶楽部

DSC_0639−2.jpg
糸島の海岸風景
2017-07-08 17:32 この記事だけ表示
 昨日発売の「AERA」で立川志の輔さんの「現代の肖像」。師匠の落語を何十本も拝聴し、どっぷりと志の輔ワールドに浸った至福の数ヶ月。地元富山でも聴きました。それにしても師匠は忙しい。


DSC_0589.JPG


立川志の輔さんの一言
「照明がきらきら変わるわけでも、音楽がジャーンと鳴るわけでも、人が突然現れるわけでもない。一切何も変わらないところで、お客さんは僕の後ろに長屋を見たり、お城を見たりする。そのためにも、お客さんに最高の空間をつくってあげたいという思いが僕にはあるんです」
(「AERA」2017.6.26日号 写真/門間新弥氏)
2017-06-20 17:31 この記事だけ表示
 北海道・釧路でイッセー尾形さんにインタビュー。1998年以来、実に20年ぶりのインタビューということになる。今回もすでに一度東京で取材し、埼玉のロケ地を訪ねてはいたが、夏目漱石の小説に材をとった「妄ソーセキ劇場」の一人芝居を見るために釧路入り。芝居は1時間50分が短く感じるほど濃密で、イッセーさんが造形するすべての人物に魅せられた。イッセーさんは私の高校の5期上の先輩でもある。かぶってはいないが、「なまけの森」という共通ワードがその口から出てきたときは嬉しかった。
 釧路初の夜は、ここではない、あそこではないとひたすら歩き回って店定めをし、最終的に近くの酒屋さんで訊いて勧められた炉端焼きの「番小屋」へ。ここは、つくるのも運ぶのもすべて女性。あばちゃんたちがかいがいしく働く気持ちいい店。名物ツブ貝をはじめ、どれも素朴で旨かった。翌日の搭乗前の早い夕食は、鮨屋「金太楼」にて。これまた素材を素直に生かした素朴な握りでございました。

イッセー尾形 ブログ用_1.jpg

イッセー尾形さんの一言
「60歳で人生ひと回り。いろいろあって、そういうのを信じましたね。何かが終わって、何かが始まる。人間うまいことできていて、ひと回りしても死ぬんじゃなくて、もう少し生かしてもらえる。これが生きている醍醐味だなって思いますね」
(「週刊ポスト」2017.6.19日発売号 写真/江森康之氏)

DSC_0570.JPG
途中立ち寄った釧路湿原

2017-06-17 00:00 この記事だけ表示