主に食べ物の取材で瞬く間に2ヶ月が過ぎ去っていた。虎ノ門にある天ぷら屋「逢坂」の朝昼晩、銀座に進出した「鎌倉以ず美」の小ルポ、長崎の街と食の取材、そして、3年前から継続している秋田の酒蔵チーム「NEXT5」のディープな取材。このご時世でこれほど恵まれた取材環境を与えていただけること、本当に感謝しております。
 そして近況としてもうひとつ。『折れない魂』(仮題)という350枚超の長編が9割5分方完成しました。25年間の取材の集大成と言えばやや大袈裟ではありますが…。内容はタイトルからお察しいただければ幸い。が、これ、諸般の事情によりいまだ刊行の目処がたっておらず。このままお蔵入りになるのだけは避けたいのですが…。



無人島.JPG
酷暑の中、長崎・大村湾の無人島へ
2018-07-09 10:07 この記事だけ表示

 中野の「番屋」にてでんでんさんのインタビュー。賑やかな酒場でのインタビューだったが、ジョッキも箸もおいて、これまでの歩みをじっくりと語っていただいた。


でんでん.jpg


でんでんさんの一言
「いろいろな人を観察する力を失いたくないんです。『冷たい熱帯魚』でもそうだったように。よく『たくさんの引き出しを持つ』って言うけど、本当にどんな人にも、それが一番大事なことだと思う」
(「週刊現代」2018.6.30号 写真/矢西誠二氏)
2018-06-18 10:00 この記事だけ表示
「万引き家族」の編集を終えたばかりの是枝裕和監督にインタビュー。もちろんこの時点ではカンヌ映画祭の賞の行方はわからなかったわけだが、見事、最高賞の「バルムドール」を受賞された。個人的にもこれまでの是枝作品の中で最も好みのテイストだった。

1C是枝裕和.jpg

是枝裕和さんの一言。
「犯罪は社会が生むという考え方は、70年代ぐらいまでは一般的だった。少なくともそれが建前だったのです。そして、その建前があったからこそ、マスメディアが報道することに価値があった。報じることで被害者に二次的制裁を加えるのではなく、私たち自身の問題としてとらえるために。でも、いつからか犯罪を教材として社会に属する一人ひとりが考えることをしなくなった」
(「週刊現代」2018.5.21発売号 写真/大河内禎氏)
2018-05-20 17:38 この記事だけ表示
DSC_0286R.jpg
「建築と日本展:その遺伝子のもたらすもの」(六本木ヒルズ 森美術館 会期2018.4.25(水)〜 9.17(月))で提案している高さ200mの木造超高層ビル「Timberize 200」(team Timberize)


久しぶりにYahoo!個人ニュースをアップ。
「都市の中にもっと木造建築を 木造構造学の第一人者 東京大学生産技術研究所腰原幹雄教授に訊く」。
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiT9I66z4vbAhVGE5QKHUKJCN0QFggoMAA&url=https%3A%2F%2Fnews.yahoo.co.jp%2Fbyline%2Fisshiharuo%2F20180516-00085289%2F&usg=AOvVaw1nnUf2cFuHojrX-FVyvKZA

今週号の「週刊現代」に女優夏川結衣さんのインタビュー掲載中。
来週号では、是枝裕和監督にインタビューしております。



腰原幹雄さんの一言。
「たとえば、いまは、別に長くもたす建築じゃなくてもいいのかもしれない。木造は仮設の建築物にも向いている材料なんです。スクラップ&ビルドはよくないと言われているけれど、木造は、山の循環と合いさえすれば、造って、壊して、最後は薪として燃やしてもいいのかもしれない。山の資源をじゃんじゃん使う建築があってもいいと思うんです。もちろん長くもたせる木造建築があってもいいしね」
2018-05-17 10:59 この記事だけ表示
 今春、東北芸術工科大学の学長に就任した中山ダイスケさんにインタビュー。少子化が進む中、果たして地方の美術大学に活路はあるのか。新学長の卓見を「文春オンライン」で是非。

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=13&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjK-femz5rbAhUEoZQKHcPBDN8QFghfMAw&url=http%3A%2F%2Fbunshun.jp%2Farticles%2F-%2F6884&usg=AOvVaw1Ez1sdm3_9QFInbIuOzDT-





中山ダイスケさんの一言
「実際に、絵を描いていた学生が芸術大学を出て、そのままプロの画家になるというのは本当に一握りです。絵が上手いからプロになるというよりは、そこを目指して地道にやるかどうかということ。当然時間もかかります。多くの学生は、卒業後絵を描くチャンスは失っていくのですが、主婦になっても、農業を継いでも、芸術を学んだ人はやっぱりずいぶんとアイディアが違うんですね。芸術の学びは探求の学問であり、客観性が養われる学問です。本当はいろんな仕事に広く生かせる技量なのです」
(文春オンラインより)
2018-04-30 16:06 この記事だけ表示