昆2.jpg



 いまから20年以上前、教育専門誌での連載が始まった。毎月ひとり、どこに住む、どんなジャンルの人でもいいからその道のエキスパートに会って話を聞く、というありがたい4ページの企画だった。物理学者、生態学者、陶芸家、農業家、歴史家、植木職人、原子力研究者など、約6年にわたって70名以上の方からお話を頂戴した。それによって「ディープ・エコロジー」(当時の言葉で言えば)に私は目覚め(目覚めつつあったから求めたとも言えるが)、以来、その視点から物事を見るようになった。彼らが等しく語り、教えてくれたのは、このまま人類が顧みることなく突き進めば、その先に希望はない、ということだった。このインタビューをきっかけに、その後単行本も2冊上梓した。
 今回、北海道新聞の文化面に書いた「昆布生産減 だし文化の危機」も、この連載で20年前にお会いした昆布問屋の喜多條清光さんから最近うかがった話だ。戦前には最大約8万トンあった昆布の収穫量は減少し続け、今年ついに1万2千500トンと底を打ったのだが、それがやがて「だし文化」の衰退へとつながっていくことが怖いと喜多條さんは訴える。昆布だしの歴史は江戸時代からと意外にも浅く、喜多條さんは、この日本特有の文化が消えてしまうことを憂う。
 それにしても、なくしちゃいけないものがなくなり、やらなくていいこと、不必要なモノが次々と現出するのがやりきれない。反原発、反リニア、反(東京)五輪、反農薬、反小麦、反高層、反薬品、反カジノ(つまりは反既得権益!)などと小さき声で叫んでも、世の中はその逆へ逆へと止まることなく動き続ける。未来への負荷ばかり…。4つのプレートが集まる災害大国にはやるべきことが山積みだというのに。
2019-12-19 11:36 この記事だけ表示

                                                        nakashima.jpg



本日発売の「AERA」の「現代の肖像」で中島美嘉さんについて書いている。単行本のための長いインタビューをさせていただいたのが3年前。夏の間、何回となくお会いしまとめたが、今回は、宮本亜門さん演出の「イノサン musicale」の舞台を機にインタビューさせていただいた。



中島美嘉さんの一言。
「ライブの本数が多くなるとよく、『ペース配分をしなさい』と言われる。もちろん、それは間違っていないと思うけど、じゃ、私自身がペース配分しているライブを見たいかというと、見たくない。自分で喉のケアをし、全身全霊でやって、声が出なかろうが何しようが、あとは本気でやれば伝わるんじゃないか、と。これは生意気にも十代から言ってきたことでした」(「AERA」2019.12.16号 写真/岡田晃奈氏)
2019-12-09 13:25 この記事だけ表示
    
                                         dan.jpg

「dancyu」新年号は「町の鮨」特集。私は、日比谷「鮨大前」について書いた。鯖が旨く、酒が持ち込める店で、4年ほど前からお邪魔している。本誌で書き切れなかった110年のファミリーストーリーは、Webで触れた。
今回の特集では、岩松了さんにもご登場いただき、私が構成を担当。岩松さん行きつけの鮨店で長居するという零れ幸い。岩松さんにはつい1ヶ月ほど前にもお会いしインタビューさせていただいたのだが、そのときの会話がきっかけで、この日のご登場と相成った。現在、次回の会に備えて、『シブヤから遠く離れて』『ジュリエット通り』『空ばかり見ていた』『薄い桃色のかたまり/少女ミウ』などご著書を片っ端から読破中。



   鮨大前.jpg
2019-12-09 12:53 この記事だけ表示
                      岩松了_1.jpg


「時効警察はじめました」に熊本課長役で出演する劇作家であり演出家、そして俳優でもある岩松了さんにインタビュー。
ロケ地は、こんな場所で撮影するのか、という驚きの一大工業地帯内の古いビル。こういう昭和の香り漂う重厚な建築物は消えつつあるんだなあ、と改めて思った。
毒とやさしさをほどよく差し込んでくる岩松さんの言葉と声にしばししびれた。


岩松了さんの一言。
「世の中、どれだけウソがまかり通っているか、人は何で動かされているのか、人のいかさまぶりがいかほどか、といった仕組みがわかっているのが演出家。そういう意味で自分はそれに近づいてきている気がする」
(「週刊ポスト」2019.10.21発売号 写真/矢西誠二氏)
2019-10-20 14:59 この記事だけ表示

3年前の夏、20時間近いインタビューを集中的に行って一冊の本にまとめた。その後もちょいちょいライブにお邪魔し、ご挨拶はしていたが、一昨日、3年ぶりに長いインタビューをさせていただいた。今回は乃木坂ではなく市ヶ谷で。変わらぬ先鋭的ファッション、飾らぬ言葉、何より正直な36歳。またしばしおつきあいいただくことに。


           DSC_1285 2.jpg
2019-10-11 13:09 この記事だけ表示